Pocket

自動車リサイクル料金ディーラーなどの自動車販売店で新車を購入する場合、ほとんどの方が商談を行い、見積もりを取られるはずです。

見積もりを取り自宅へ帰宅後、再度見積書等の購入プランをよく見てみますと、リサイクル預託金額、リサイクル資金管理料金、リサイクル法関連費用などあまり馴染みのない言葉が記載されていることに気付いたのではないでしょうか。

これらは一般的に、自動車リサイクル料金と呼ばれています。

 

新車の自動車リサイクル料金はいつ払うのか

自動車を新車で購入する場合、主にディーラーなどの新車販売店を通して、自動車リサイクル料金を負担する前払い制度が採用されています。

そのため購入者が新車購入にあたり、自動車リサイクル料金を支払う必要があります。

そして自動車リサイクル料金を新車購入時に負担した証明として、リサイクル券を受け取ります。

普通自動車の場合、車庫証明の手続きを行い、その後運輸支局において自動車登録手続きを行いますが、その際自動車リサイクル料金支払いの確認が行われ、登録と車検証の交付が行われます。

つまり、新車購入時の自動車リサイクル料金の支払いと運輸支局における自動車の新規登録はワンセットとなっているのです。

自動車購入者が負担した自動車リサイクル料金は、廃車する自動車の解体・破砕をした際のシュレッダーダスト、エアバック、フロン類のリサイクル処理のための費用として主に使われます。

シュレッダーダストとは、車の解体や破砕後に残るプラスチックくずのことを言います。

自動車リサイクル料金は販売店を通し、自動車リサイクル促進センターに預託しますが、促進センターにおいて購入者が負担したリサイクル料金の管理費用にも使われています。

 

自動車リサイクル料金は車種によって違いがある。

自動車リサイクル料金は、車種や型式によって違いがあります。

ディーラーでもらえる各種自動車パンフレットの後ろのページにリサイクル料金が記載されていることが多いです。

多くは主要諸元や寸法図の近くに記載があるのではないでしょうか。

またインターネットでも、「自動車リサイクル料金 自動車メーカー名」と検索すると各車種の料金を確認することができます。

「自動車リサイクル料金 トヨタ」「自動車リサイクル料金 ホンダ」などと検索すると、メーカーのサイトが表示されますので、各自動車のリサイクル料金を確認してみて下さい。

パンフレットやメーカーのサイトに記載されている金額が、見積書のリサイクル法関連費用の項目に反映されてきます。

 

中古車も自動車リサイクル料金を支払うのか

中古車を購入する場合、中古車の車両部分の価値とリサイクル料金を含めた総額を購入代金として支払います。

自動車リサイクル制度は2005年1月から施行され、施行から10年以上経過しています。

中古車販売店は、リサイクル料金を含めた価格で車両の仕入れをしており、現在は多くの中古車にリサイクル券が付帯しています。

自動車リサイクル料金は、1台の車に対し支払っていくものです。

リサイクル券を確認してみると分かるのですが、リサイクル券には、車台番号、車名、預託金額合計などが記載されています。

車台番号は、1台の自動車固有の番号であり、同じ番号は存在しません。

車台番号が記されているため、1台の自動車には、1枚のリサイクル券しか存在しないのです。

そのため自動車の所有者が変わっても、リサイクル券は自動車の譲渡とともにその車に付いてきます。

そして自動車の最終所有者が、リサイクル料金を負担する制度となっています。

 

自動車リサイクル法と自動車リサイクル制度

自動車リサイクル制度と流れ自動車リサイクル料金について規定している自動車リサイクル法は、2005年1月に施行されたまだ新しい法律です。

自動車リサイクル法では、使用済み自動車から出る自動車部品を回収・リサイクルし、適正に処分することを自動車メーカーに義務付けています。

実際にリサイクルを行う担い手として、次の業者が存在します。

・使用済み自動車を最終所有者から引取りする引取業者

・フロン類を回収するフロン類回収業者

・使用済み自動車を解体し、エアバックや部品を回収する解体業者

・使用済み自動車を破砕する破砕業者

 

自動車リサイクルの流れ

引取業者であるディーラーなどの新車販売店や中古車販売店が、自動車ユーザーから使用済み自動車を引取ります。

次に引取業者は、フロン類回収業者へ引渡します。

自動車のエアコンの冷媒にはフロン類が含まれていますので、適切に回収し処理しなければなりません。

フロン類回収業者により回収されたフロンガスは、自動車メーカーなどへ送られ、フロンガス破壊処理施設で処理されます。

フロンガスを回収した車体は、解体業者へと引渡されます。

エアバック類や部品の回収を行い、自動車メーカーなどへ送り、車体は解体されることになります。

解体された自動車は、シュレッダー業者などの破砕業者へ引渡され、破砕されます。

破砕により発生したシュレッダーダスト(破砕後に残るプラスチックくず)が自動車メーカーへ送られ、リサイクル処理が行われます。

自動車リサイクル制度は、自動車の所有者とリサイクルを担う引取業者、フロン類回収業者、解体業者、破砕業者、自動車メーカーの役割を明確にし、協力して廃棄物の削減や資源の有効活用を目指す社会システムです。

自動車リサイクル制度により、地球環境を保護していくことを目的としています。

 

あわせてご参照ください。

参考:自動車購入に伴う各種税金や自賠責保険について

 

Pocket