Pocket

最寄りの警察署の交通課窓口や都道府県警察のホームページからダウンロードすることができます。

また自動車を購入した販売店でももらえるはずです。

ただし自動車を購入していないのに警察署が遠い、すぐ近所に自動車ディーラーがあるからという理由で申請用紙もらいに行っても、もらえないこともあるかもしれません。

最寄りの警察署か都道府県警察のホームページですと確実に手に入れることができます。

警察署窓口でもらう申請書類とホームページからダウンロードできる申請書類は、書式が若干異なりますが、記載する必要事項が満たされているので両方とも問題なく使用できます。

警察署の窓口でもらう申請用紙は複写式になっているため、1枚目に必要事項を記入しますと最後のページまで記入されます。

申請用紙をダウンロードして書類を書く場合は、複写式になっておらず1枚1枚記入することになります。

当サイトでも青森県様式の申請用紙をダウンロードすることができます。

ダウンロードページはこちらです。

青森県警察車庫証明サイトはこちらです。

 

Q&A 申請用紙は全国共通なのですか?

各都道府県によって異なります。

青森県では警察署の交通課窓口へ行くと4枚複写式の申請用紙がもらえます。

あとは所在図・配置図、そして保管場所が自己所有なのか他人所有なのかによって、自認書または保管場所使用承諾証明書も同時に窓口でもらえます。

ちなみに大阪府では、5枚の複写式となっています。

記載項目についても若干違いがあります。

保管場所使用承諾証明書を例に挙げますと東京都の場合、青森県様式では見られない「保管場所の契約者」「駐車場の名称」「駐車位置番号」「使用者と契約者の関係」といった項目があります。

 

軽自動車の場合は、申請用紙の組み合わせが若干異なります

軽自動車の場合は「自動車保管場所証明申請書」という用紙ではなく、「自動車保管場所届出書」という用紙を使用します。

軽自動車の場合、主な必要書類はつぎのものになります。

・自動車保管場所届出書

・保管場所標章交付申請書

・保管場所の所在図・配置図

・自認書(保管場所が自己所有の場合に使用します。)または保管場所使用承諾証明書(保管場所が他人所有の場合に使用します。)

状況により、他の書類が必要となる場合もあります。

 

あわせてご参照ください。

関連記事:車庫証明の配置図記載例・書き方|自宅一軒家の庭や敷地内を保管場所とするケース

関連記事:車庫証明申請で添付する所在図 自宅の敷地内に保管場所がある場合の示し方

関連記事:自動車保管場所証明申請書と自動車保管場所届出書の違いについて

関連記事:車庫証明Q&A 複写式の申請用紙は、日曜日等の休日でも警察署で入手できますか?

関連記事:申請から車庫証明書取得までの流れ・手順

参考:車庫証明申請に関する必要書類一覧

 

Pocket