Pocket

軽自動車税は毎年4月1日現在の軽自動車の所有者に課税されます。

また軽自動車税には月割課税がありません。

そのため年度の途中で軽自動車の登録をし所有者となった場合、その年度の課税は行われません。

なお4月1日に登録をした場合は、その年度から課税となり納付書が送付されます。

例えば2022年の10月に新車の軽自動車を購入し、登録を行い車検証が交付された場合、2022年度(2023年3月まで)の課税はありません。

この場合、2023年の4月に初めて課税となり、軽自動車税の納付書が送付されることとなります。

新車の軽自動車を購入する場合、翌年度から軽自動車税の支払いの始まる方が多くなります。

関連記事:軽自動車の新車購入に伴う諸費用

関連記事:軽自動車の新車購入時の必要書類

 

 

ーネット経由で複数メーカーの新車見積もりが届くサービスー

MOTAのオンライン見積もりサービスは、ネットから必要事項を入力することで、MOTAに加盟するお近くの新車ディーラーから税金や諸費用が含まれた総額費用の分かる見積もりが届くサービスです。

また複数メーカーの見積もりをとることが可能で、複数の車種の比較をすることができます。

軽自動車の新車の購入をお考えの方でご興味のある方は一度ご参照ください。

公式サイト:■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!

 

 

ユーカーパックのクルマ買取査定

下のバナーをクリックすると買取査定申込みページへ移動します。

Pocket