Pocket

保管場所使用承諾証明書の訂正印で注意するポイント

 

自動車の保管場所が親の土地の場合やアパート、マンションにお住まいで駐車場を借りている場合は、親やアパートの大家さん、管理会社さんに保管場所使用承諾証明書を記載してもらう必要があります。

マンションの場合は、マンションの管理組合が保管場所使用承諾証明書の発行をしてくれます。

あまりないとは思われますが、万が一記載内容に誤りがあったり、誤字脱字があった場合は保管場所の所有者や大家さん、管理会社の担当者さんに再度お会いし、記載の修正をしてもらい、訂正印をもらわなければなりません。

訂正の仕方については、事務関係の仕事をしたことがある方はすでにお分かりかもしれませんが、訂正箇所に二重線を引き、訂正印を押します。

より厳密にいいますと、その訂正印が二重線にかかっている必要があります。

修正液や修正テープを使っての訂正はできません。

また申請者ご自身の印鑑を保管場所使用承諾証明書に訂正印として使用することはできませんので注意が必要です。

おそらく親や親族の土地であれば、難なく訂正印をもらえるでしょう。

しかし大家さんや管理会社の担当者さんの場合、不在であったり、お会いする時間が合わない等により訂正印をもらいたい時にすぐもらえず、手続きがスムーズに進まないケースがあるかもしれません。

ですので保管場所使用承諾証明書に必要事項を記入してもらったら、記載内容に誤りがないか、誤字脱字がないかを確認しましょう。

参考:車庫証明の申請書に押印する印鑑は何を使用するのか

 

訂正印は同じ印鑑です。

言うまでもないかもしれませんが訂正印は、保管場所使用承諾証明書に押印した印鑑と同じ印鑑になります。

どんな印鑑でも良いという訳ではありませんので、併せてご注意下さい。

不動産会社等の法人では、印鑑は、多くは会社の実印を使用しています。

しかし、個人でアパート経営や賃貸経営をされている方で、はんこをいくつか使い分けているような場合、急いでバタバタしている中、訂正印を押すと保管場所使用承諾証明書に押した印鑑と訂正印が違っていたというケースも考えられなくはありません。

参考記事:保管場所使用承諾証明書の記入例|自宅とアパートの場合

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

あわせてご参照ください。

関連記事:保管場所使用承諾証明書|地主や大家さんなどの管理人に押印してもらう印鑑について

関連記事:車庫証明申請|保管場所使用承諾証明書の日付のこと

関連記事:警察署への申請から車庫証明書を取得するまでの流れ・手順

 

Pocket