Pocket

これから転勤や就職、進学に伴って、通勤・通学の際に自動車で通る予定の道路に、時間帯によって通行規制がかかるかもしれないと考えたことはありますか?

昼の時間帯や休日はが多く通行しているため、時間帯によって通行禁止の規制があることを知らなかったというケースも考えられます。

通行禁止違反をした場合、違反点数2点、普通車の場合は反則金7000円となります。(この記事投稿現在の内容です。)

毎年春に行われる全国交通安全運動の一環で実施される通学路での一斉取り締りの際、交通違反の中で大きな割合を占めるのが通行禁止違反です。

夕方のニュース等で通学路での一斉取り締りの様子が放送されているのを見たことがある方もいらっしゃるはずです。

通行規制の開始地点に指定時間を表示した標識があります。

下の画像のような標識です。通行禁止 通行規制 標識

この画像のケースでは、7:30から8:30の間は、自動車の通行が禁止されます。土曜日、日曜日、休日は通行できます。自転車は通行可能です。

時間指定の交通規制がないか標識に気を配り、指定時間帯であれば迂回し、別の道路を通って職場や学校などの目的地へ向かいましょう。

これから転勤や就職、進学に伴い、朝の時間や学校終わりの時間帯に学校付近の慣れない道路を通る際は特に注意が必要です。

 

Pocket