Pocket

ナンバープレート 交換

ナンバープレート交換申請制度が昨年よりスタートしています。

これに伴い、図柄入りナンバープレート第1弾として「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレート」、第2弾として「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」の交付が開始されています。2種類とも交付期間が限定されています。

さらに2018年10月頃から、地元の風景や観光資源を図柄とした地域独自の「地方版図柄入りナンバープレート」の交付を導入する地域もあります。

交換申請制度により、現在使用しているナンバープレートの番号を変えることなく、図柄入りナンバープレートに交換することができることになりました。

名義変更や住所変更により運輸支局や軽自動車検査協会の管轄が変わり、ナンバープレートを変更するという機会がなくても、交換申請をすることで図柄入りナンバープレートへ変更をすることができます。

交換申請をしてもナンバープレートの番号は変更しません。

また図柄入りナンバープレートへの交換の他、「ペイント式から字光式への交換」や「字光式からペイント式への交換」も可能です。

 

図柄入りナンバーへの交換の対象となる車両

・登録自動車の自家用と事業用 ※二輪車は対象となりません。

・軽自動車の自家用 ※軽自動車の自家用でもナンバーのかな文字の部分が「わ(貸渡)」と「AとB(駐留軍)」の車両は対象となりません。※二輪車は対象となりません。

 

図柄入りナンバープレートへ交換できるのは、現在の様式のプレートとなります。

図柄入りナンバープレートへの交換対象となるプレートは、「現在の地名表示」に加えて「分類番号が3ケタ」のプレートです。

分類番号が2ケタ以下の場合など、現在の様式のナンバープレートでない場合は、希望の番号へ変更することで図柄入りナンバープレートへ変更することができます。

参考:希望ナンバープレートの抽選対象希望番号が追加されています。

 

交換申請はどこでするのか

自動車の使用の本拠の位置を管轄する運輸支局・自動車検査登録事務所、軽自動車の場合は軽自動車検査協会で交換申請を行います。

 

青森県の交換申請先

青森ナンバーの場合は、青森運輸支局

八戸ナンバーの場合は、八戸自動車検査登録事務所

青森ナンバー軽自動車の場合は、軽自動車検査協会 青森事務所

八戸ナンバー軽自動車の場合は、軽自動車検査協会 青森事務所 八戸支所

 

その他のポイント

交換申請を行い図柄入りナンバープレートの交付を受けるためには、現在使用しているナンバープレートの紛失等がなく、ナンバープレートの現物が存在することが必要です。

またナンバープレートの文字と数字がすべて判読できる状態であることが必要です。

図柄入りナンバープレートへの交換に伴い、現在使用しているナンバープレートは返納することになります。

前面と後面のナンバープレートを取り付けする自動車の場合、交付された図柄入りナンバープレートを取り付けする際は、前面と後面のナンバープレートの種類は同一であることが必要です。

例を挙げますと、前面に「図柄入りナンバープレート」を取り付け、後面に「ペイント式」を取り付けることはできません。

なお図柄入りナンバープレートに字光式の仕様はありません。

 

あわせてご参照ください。

参考:軽自動車図柄入りナンバープレート交換申込から交付されるまでの流れ

参考:地方版図柄入りナンバープレートの交付が開始されます。

参考:ナンバープレート表示義務違反やカバー装着全面禁止に伴う罰金や罰則について

参考:解説!自動車ナンバープレートの見方。地名や数字の意味と区分について

 

Pocket