Pocket

2018年の10月1日より全国41の地域で地方版図柄入りナンバープレート交付が始まります。

「みんカラ」という自動車サイトをよく訪問するのですが、そのサイトで図柄入りナンバープレートに関する広告が度々表示されています。

また調べ物で検索エンジンを使用する際も、PPC広告を使用した図柄入りナンバープレートに関する告知が積極的に行われているので、図柄入りナンバープレートの普及・交付についてかなり力を入れいているのが伺えます。

「ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレート」、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」の交付が開始されてから少し時間が経ち、街でも図柄入りナンバープレートを装着した自動車を見かける機会が増えてきました。

参考:軽自動車の図柄入りナンバープレートへの交換申込から交付されるまでの流れ

このいずれか2つの図柄入りナンバープレートに交換することで、自家用軽自動車もこれまでの黄色ナンバープレートから白色ナンバープレートとなります。

また図柄入りナンバープレートへの交換申込を行うことで、現在ご使用中のナンバープレート番号を変更することなく、図柄入りナンバープレートへの交換を行うことができます。

現在交付が行われているこの2つの図柄入りナンバープレートは交付期間が限定されています。

そのため交付期間が終了してしまうと逆に目立ってしまうんじゃないかと思い交換を迷われていた方も、今回地方版の図柄入りナンバープレートの交付が始まることに伴って、交換を行われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

10月1日より交付が開始される地方版図柄入りナンバープレートには、「愛知県豊田ナンバーのJリーグ名古屋グランパスエイトとコラボしたナンバープレート」や「広島県福島ナンバーのプロ野球広島東洋カープとコラボしたナンバープレート」など特徴的な仕様のナンバープレートもあります。

軽自動車の場合、10月1日より交付が開始される地方版図柄入りナンバープレートに交換をすることで、白地ベースの縁が黄色のナンバープレートとなります。

また「寄付金あり」と「寄付金なし」で色彩を区分する仕様が採用されています。

黄色の縁取りの採用は、軽自動車ユーザーによって好みが分かれるかもしれません。

黄色の縁取りは普通自動車と軽自動車の区別を明確にするための措置のようです。普通自動車自家用の地方版図柄入りナンバープレートには黄色の縁取りはありません。

最近人気の軽ハイトールタイプ車に図柄入りナンバープレートを装着しているのをよく見かけますが、遠くからみると普通自動車なのか軽自動車なのかなかなか区別がつきづらいなぁと感じていました。

先に交付が開始されている「ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレート」、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様ナンバープレート」と同様、それぞれの地域の特徴を活かした地方版図柄入りナンバープレートの普及もどんどん進んでいくのかどうか楽しみですね。

 

あわせてご参照ください。

参考:ナンバープレートの交換申請制度がスタート

参考:軽自動車の図柄入りナンバープレート交換申込から交付されるまでの流れ・手順

参考:自動車ナンバープレートの見方|地名・数字・ひらがなの意味や区分が分かる記事

 

Pocket