Pocket

車庫証明は引越し前に住んでいた管轄警察署へ届出は必要か

引越しに伴って住所が変わった場合、新居の場所が車庫証明必要地域であれば、管轄警察署へ車庫証明申請を行わなければなりません。

引越しにより管轄警察署が変わった場合、引越し前に住んでいた地域の管轄警察署へも何か届出やお知らせが必要なのだろうかと感じられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この場合、新居の管轄警察署へ車庫証明申請をすれば足り、以前の管轄警察署への届出や手続きは必要ありません。

実例を交えてお話します。

もし仮に、あなたが旧青森市内から青森市浪岡地区へ引越しをした場合、浪岡地区を管轄する青森南警察署へ車庫証明申請をすれば足ります。

※自宅と保管場所の位置が離れていて地域をまたがる場合は、申請をする警察署が異なる場合もあります。  

旧青森市内を管轄する青森警察署への届出や手続きは必要ないということになります。

 

引越しをしましたが、管轄の警察署は変わらないのですが・・・

なお引越しをしても管轄警察署が同じ場合は、その管轄警察署へ車庫証明申請を行います。

管轄警察署とは?
車庫証明申請における管轄警察署とは、保管場所の位置を管轄する警察署のことを指します。車庫証明申請は、保管場所の位置を管轄する警察署へ行います。冒頭でも少し触れましたが、自宅の位置と保管場所の位置が離れていて地域をまたがる場合は、最寄りの警察署が車庫証明申請における管轄警察署とならない場合もでてきますので注意が必要です。管轄警察署がどこなのか判断に迷われる場合は、考えられる警察署へ電話で問い合わせをしてから申請手続きに出向くことをおすすめします。

参考:車庫証明申請の管轄警察署について詳しく解説した記事

 

新居において、自動車の保管場所を確保していることを再度警察署から証明してもらう必要があります。

仮にあなたが現在、旧青森市内にお住まいだとします。

この場合、引越し先が同じく旧青森市内であっても車庫証明申請は必要となります。

引越しに伴う車庫証明でもご紹介しましたが、引越しにより住所が変わった場合、運輸支局での変更登録申請と変更登録申請書(OCR用紙と呼ばれることが多いです。)に添付する車庫証明の取得は、道路運送車両法と車庫法で定められた必要な手続きですので併せてご注意下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

あわせてご参照ください。

参考:警察署への申請から車庫証明書を取得するまでの流れ・手順

参考:青森県の車庫証明必要地域と不要地域が分かる記事

 

Pocket