Pocket

2017年2月より普通自動車、軽自動車の希望ナンバープレート抽選対象希望番号に、「2019」が追加されています。

2019年に日本でラグビーワールドカップが開催されることとラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートの交付が開始されることに伴い、申込が集中することを予測しての追加と考えられます。

「2019」を希望する場合、これまである抽選対象希望番号と同様に先に抽選申込を行う必要があり、当選すると予約申込ができる形となります。

抽選は「月曜日から金曜日の抽選申込受付分」を翌週の月曜日に行います。落選した場合は再度申込が可能です。

当選した場合、実際に自動車登録・希望ナンバープレート交付が行われるのは、予約申込を行ってから数日後となります。当選した当日には交付されません。

これは希望ナンバープレートが注文制作となるためです。

「2019」については、一般希望番号であった時と比較して、実際の交付までの日数が長くなることとなります。

 

現在の抽選対象希望番号

この記事の投稿日現在は、次の15とおりの番号が抽選対象希望番号となっています。

「・・・1」 「・・・7」 「・・・8」 「・・88」

「・333」 「・555」 「・777」 「・888」

「1111」 「2020」 「3333」 「5555」

「7777」 「8888」 「2019」

 

ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバープレートとは

2019年に日本でラグビーワールドカップが開催されることを記念して交付される特別仕様のナンバープレートです。

2017年4月からこの特別仕様ナンバープレートの交付が開始されています。

「ナンバープレート代金に加え、寄付金1000円以上で大会ロゴ+図柄付きのナンバープレート」、「寄付金なしの場合、右上に大会ロゴが付いたナンバープレート」が交付されます。

ナンバープレートの色が白色で、この白色ナンバープレートを軽自動車にも装着することができます。

ナンバープレートの交換申請制度がスタートしたことにより、現在ご使用中のナンバープレートの番号を変更することなく、同じ番号で特別仕様ナンバープレートへの交換が可能です。

これから「黄色ナンバープレート」、「事業用の黒色ナンバープレート」を装着した軽自動車に加え、今回交付が開始された白色の特別仕様ナンバープレートを装着した軽自動車も街に現れることになります。

料金所の係員の方にとっては、白色ナンバープレートを装着した自動車についての車種の判断が大変そうだなと個人的に感じています。

ハイトールタイプの軽自動車に白色の特別仕様ナンバープレートを装着しているの見たことがありますが、遠目からみると普通自動車なのか軽自動車なのか少し判断に迷うことが私も運転中にあります。

 

あわせてご参照ください。

参考:ナンバープレート表示義務違反やカバー装着全面禁止に伴う罰金や罰則について

参考:ナンバープレートの交換申請制度がスタート

参考:解説!自動車ナンバープレートの見方。地名や数字の意味と区分について

参考:軽自動車図柄入りナンバープレート交換申込から交付されるまでの流れ

参考:地方版図柄入りナンバープレートの交付が開始されます。

 

Pocket