Pocket

軽自動車の保管場所不届の罰則について書いています。軽自動車車庫証明、正式には自動車保管場所届出と呼ばれる手続き。

普通自動車の車庫証明は申請当日に証明は出ず、申請から交付まで数日から1週間程度かかります。

これに対し自動車保管場所届出は、都道府県や各警察署によって違いがあるものの、日数については普通自動車より早く手続きが完了します。

届出当日に書類一式を受け取れる県や警察署も中にはあります。

手続きが完了し交付されるのは、保管場所標章番号通知書と保管場所標章(ステッカー)の2種類です。

普通自動車と比較し、幾分手間がかからない軽自動車の自動車保管場所届出。

自動車保管場所届出の手続きが必要な地域で軽自動車を使用される方は、管轄の警察署へ届出の手続きが必要です。

手間も減る分出さない場合、出し忘れている場合でも罰則がないのではと思われがちですが、車庫法第17条ではしっかり罰則が規定されています。

今回は届出を出さず放置している場合の罰則についてご紹介します。

 

軽自動車の保管場所届出を出さないでそのままにしているとどんな罰則があるのか

軽自動車の保管場所の届出をせず、又は、虚偽の届け出をした場合は、10万円以下の罰金に処せられます。

また軽自動車の保管場所が変更となった場合、変更となった旨の届出が必要となるのですが、この届出を怠った場合も10万円以下の罰金に処することが定められているのです。

保管場所届出の期限については、「届出しよう!軽自動車の保管場所届出の期限」という記事でご紹介しておりますのであわせてご参照下さい。

また両罰規定については、「車庫証明の罰則と両罰規定」において触れていますが、軽自動車の保管場所の届出をしなかったり虚偽の届出をした場合にもこの両罰規定が適用されます。

 

軽自動車であっても路上駐車はできません。

軽自動車についても路上駐車をした場合、車庫法第17条第2項の罰則があります。

自動車を道路上の同一場所に引き続き12時間以上駐車している場合や夜間に道路上の同一場所に引き続き8時間以上駐車している場合は、20万円以下の罰金に処せられます。

軽自動車の路上駐車については、保管場所届出を怠った場合や虚偽の届け出をした場合より重い罰金の対象となります。

車庫証明とは何かなぜ必要か」という記事でもご紹介しましたが、車庫法の目的に反する路上駐車に対しては厳しく対応していくことが伺えます。

さらに保管場所法違反として、2点、または3点の違反点数がつきます。

道路使用の適正化、道路上の危険防止、道路交通の円滑化を図る車庫法の目的の趣旨から、例え軽自動車であっても路上駐車は認められません。

なお軽自動車の場合、保管場所の届出不要地域も存在しますが、例え届出が不要であっても路上へ駐車することはできません。

ちなみに軽自動車の路上駐車のケースでも両罰規定が設けられています。

「あんた罰則とか、罰金って連呼しすぎだよ!」と思われたかもしれませんが、これまで紹介したことに該当すると、条文の上では罰則を適用しますとキッパリうたっています。

そのため、いつ罰則を受けてもおかしくはないため決して無視することはできません。

「警察署への届出をしていなくて、罰則を受けたなんて聞いたことがない」と思われる方も実際のところいらっしゃると思います。

車庫法で条文として定められているため、行政が本気を出せば罰則を適用することができるということです。

 

軽自動車の保管場所の不届は発生しやすい?

普通自動車を購入した場合は、先に警察署で車庫証明を取得します。

その後運輸支局において自動車登録申請を行う際に、警察署から交付された車庫証明書を添付します。

普通自動車の場合、多くは車庫証明を取らなければ運輸支局で自動車登録ができません。

そのため普通自動車の場合、引っ越し等で住所変更があった際に自動車に関する各種手続きを忘れていたなどの事情がある場合を除いて、警察署での車庫証明申請の手続きは構造上忘れてしまうということはありません。

これに対し軽自動車を購入した場合は、先に軽自動車検査協会において検査を行います。

その後、軽自動車の保管場所の位置を管轄する警察署へ保管場所届出を行うという流れになります。

軽自動車と普通自動車では手続きの流れが逆になります。

そのため軽自動車を手に入れ自分で自動車手続きを行う場合、軽自動車検査協会での検査は済ませたものの、その後うっかりして警察署への届出を出し忘れていたというケースが起こり得ます。

冒頭で車庫法17条の罰則のお話をさせて頂きましたが、軽自動車の保管場所届出を出さないで放置していると、後々思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあります。

ご自身で保管場所届出の手続きをされる方は、自動車を入手し軽自動車検査協会での検査を経たら、早めに管轄の警察署で保管場所届出の手続きを行いましょう。

 

あわせてご参照ください。

関連記事:軽自動車の自動車保管場所届出書の書き方・記入例

関連記事:車庫飛ばし、知らなかったでは大変な罰則のお話

 

個人情報が拡散しない・たくさんの業者から営業電話のこないクルマ買取査定のご案内

「お客様の個人情報が拡散しない」・「多くの買取業者から営業電話がかかってこない」ユーカーパックの車買取査定のご案内です。ユーカーパックの特徴をご案内します。

車の買取買取査定・売却をご検討されている方はご参照ください。

公式サイト:1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

 

査定は一度だけでOK

ユーカーパックへ査定の申込み後、自宅またはお近くの査定提携店での1回のみの査定となります。

査定のためにたくさんの買取業者と会わなくてもよく、楽に車を売却することができます。

 

どんな査定が行われるの?

査定は買取価格を出すための査定とは異なり、オークションに出品するために車の状態をチェックしデータにするための査定です。オークションに出品するための車両写真の撮影も行われます。

ユーカーパックで査定を行った車両情報に基づき、ユーカーパックに参加している各買取業者が買取価格を提示し、オークションによる入札で最終的な買取価格が決定する仕組みとなります。

買取オークションには、スポーツカー専門店や軽自動車専門店、輸入車専門店など全国の買取店が参加しています。

そのため1回の査定で本当に車を欲しいと思っている買取店から高く買い取ってもらうことができます。

買取成約後の買取店とのやり取りもユーカーパックが代行してくれる仕組みとなっています。

 

個人情報が拡散しない

ユーカーパックでの査定に基づいた車両情報のみが各買取業者へ公開されることとなります。

多くの買取業者に個人情報が公開されることはありません。

オークションを実施し買取価格が決定したあとの最終的な買取店には、お客様の個人情報が渡りますが、オークションに参加する多くの買取業者にはお客様の個人情報が公開されない仕組みとなっています。

 

たくさんの買取業者から営業電話がかかってこない

ユーカーパックの査定に基づいた車両情報のみが各買取業者に公開されます。

多くの買取業者にお客様の個人情報が公開されることはないため、査定申込み後、突然多くの買取業者から電話がかかってきたり、しつこい営業電話がかかってくることはありません。

電話でのご連絡は査定の申込みをしたユーカーパックからのみという仕組みです。

 

査定申込時の入力項目が少ない

ユーカーパックへの査定申込時の入力項目は、メーカー・車種・年式・走行距離・お名前・郵便番号・住所・電話番号・メールアドレスです。

一般的な一括査定サイトと比較して入力項目が少ないのが特徴です。

公式サイト:あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

 

車を売却するお客様は無料でご利用いただけます

車を売却するお客様に代行手数料や売却手数料は発生せず、無料でご利用いただけるサービスです。

オークションで落札をした買取業者から手数料をいただく仕組みとなっています。

 

車の買取申込・売却をご検討中の方は一度参考にしてみてください。

公式サイト:1回の査定で最大5,000社があなたの車に金額提示!【ユーカーパック】

下のバナーをクリックすると査定申込みページへ移動します。

 

 

ユーカーパックのクルマ買取査定

下のバナーをクリックすると買取査定申込みページへ移動します。

Pocket